「法律」に関する記事一覧

検索

「法律」に関する記事一覧

  • チケット不正転売禁止法を解説<太田純法律事務所>

    その他

    2019年04月09日

    意外と知らない法律問題 ▲太田純代表弁護士 チケット不正転売禁止法成立 「まともな業者」への影響軽微 法律の専門家たちに、リユース業界に携わる者が知っておくべき法律との正しい向き合い方について聞く本連載。第四回...

  • シンポジウム、デジタル遺品も「終活」法整備見通しなく自衛必要

    その他

    2019年03月14日

    シンポジウム ▲IT、遺品整理などの関連事業者が集まった デジタル遺品も「終活」法整備見通しなく自衛必要 デジタル遺品を専門に執筆活動を行うライターの古田雄介氏と、日本デジタル終活協会の代表理事を務める伊勢田...

  • 【意外と知らない法律問題】人から聞いた誤情報、発信するだけで違法の可能性

    業務用品

    2018年12月20日

    【意外と知らない法律問題】 ▲西村あさひ法律事務所 パートナー弁護士 森田多恵子氏 人から聞いた誤情報、発信するだけで違法の可能性 「嘘の内容が他人から聞いた情報でも自分で発信してしまった以上は違法」と語る森田...

  • 《直撃!UDF vol.2》法、倫理両面の問題を指摘 アフターダイヤ禁止

    市場動向・行政・団体

    2018年11月18日

    UDF ブランド権利者の知的財産権保護に取り組む国際的な団体のユニオン・デ・ファブリカン(UDF)。事務理事、事務局長兼ADRセンター長の堤隆幸氏に聞いた内容を4回に分けてお届けする。第一回では、権利保護団体であるU...

  • 「SPECIAL REPORT」

    SPECIAL REPORT 中国の影響と法改正で買い取り幅狭まる!?

    市場動向・行政・団体

    2018年01月12日

    SPECIAL REPORT お客に依頼された中古品の買取りを、断らなければならないケースが出てくるかもしれない。中国ルートが閉じてしまったことと、国内の2つの法律が改正されたためだ。売れ残りを「有価で他社やバイヤーに売...

  • 遺品整理士認定協会、不用品回収健全化の指導員養成講座を開始

    市場動向・行政・団体

    2017年12月18日

    遺品整理士認定協会(北海道千歳市)は12月7日、「不用品回収健全化指導員養成講座」を開始した。 この通信講座では、違法な不用品回収を判別する知識を備えた指導員の育成を行う。 「指導員には、違法行為を発見し、当協会や行政、...

  • RMJ、中古携帯取扱いの

    PC・携帯

    2017年12月13日

    ガイドライン策定 リユースモバイル通信端末(中古携帯電話端末)販売事業者の業界団体であるリユースモバイル・ジャパン(RMJ)は11月24日、「リユースモバイル機器取り扱いガイドライン」を策定した。 遵守すべき法令や消費者...

  • バーゼル法、有害廃棄物の範囲決定

    市場動向・行政・団体

    2017年12月12日

    家電4+28品目+モニタ 環境省が11月20日に、輸出を規制する特定有害廃棄物の範囲を定める検討会を開催した。野積みの雑品スクラップが火災を起こしたり、中古品が輸出先国から繰り返しシップバックされる事案を受け、同省は廃棄...

  • 「Seminarファイリング」

    Seminarファイリング、テロで厳格化の犯収法

    古物市場・業者支援

    2017年08月29日

    200万円以上の買取りに注意 地金商のアプレ(東京都台東区)が7月28日、貴金属買取事業者向けに「犯罪収益移転防止法」に関する説明会を開催した。会場には26人が集まった。買取業務において何をすべきか同社のコンプライアンス...

Page top