繁盛店の店づくり【vol.239】スニセカ、物々交換できるスニーカー専門店

検索

テクノロジーの力でリアル店をアップデートしよう! Reuse×Tech Conference for 2023 ONLINE

スニセカ(東京都渋谷区)

繁盛店の店づくり【vol.239】スニセカ、物々交換できるスニーカー専門店

「繁盛店の店づくり」

2022年01月31日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

繁盛店の店づくりVol.239

レアスニーカーが投資の対象になるなど、世界的な盛り上がりを見せているスニーカーの二次流通市場。そんな中、ベクトル(岡山県岡山市)が運営するレアスニーカーショップ「スニセカ」が2021年12月28日、原宿にオープンした。同社社長でスニーカーコレクターでもある村川智博氏がプロデュース。原宿からレアスニーカーのカルチャーを発信していこうと意気込んでいる。

スニセカ(東京都渋谷区)

スニセカ 物々交換できるスニーカー専門店

同店の特色は、店内すべての商品を物々交換で手に入れることができること。貴重な村川氏のコレクションが陳列されていることに加え、このユニークなコンセプトが注目を集めている。

「弊社の夢はジョーダンの博物館をつくること。この店には値段が付けられないような貴重なスニーカーもあります。物々交換なら貴重なものが集まってくるのではと思っています」。全商品を物々交換で入手可能にした理由について、村川氏はそう語る。

ジョーダン村川こと村川智博氏ジョーダン村川こと村川智博氏。中学生の頃からエアジョーダンのコレクションをスタート。かつては希少なスニーカーを約2000足所有。手にしているのは、マイケル・ジョーダンのサイン入りユニフォーム。これは非売品で、トレードは可能

店舗があるのは、古着店も多い原宿のとんちゃん通り店舗があるのは、古着店も多い原宿のとんちゃん通り。古着店も多いエリア

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

Shop Data

オープン 2021年12月28日
取扱い商品 スニーカー:アパレル=5:5
備考 店舗面積/54.74㎡
客層/ほぼ男性。年代は20代~40代を想定

備考/ベクトルは全国にリサイクルショップ「ベクトル」をはじめるとする買取・販売・出品拠点を66拠点展開。通販サイト「ベクトルパーク」やオンライン宅配買取サービス「フクウロ」も運営。2020年9月からは公式YouTubeチャンネル「ジョーダン村川のレアもん投資チャンネル」で、富裕層をターゲットにプレミア商品を紹介・販売もしている。

第528号(2022/1/25発行)11面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる