繁盛店の店づくり【vol.252】イオシス、月5000万円の売上を達成

検索

テクノロジーの力でリアル店をアップデートしよう! Reuse×Tech Conference for 2023 ONLINE

イオシス新宿西口店(東京都新宿区)

繁盛店の店づくり【vol.252】イオシス、月5000万円の売上を達成

「繁盛店の店づくり」

2022年08月07日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

繁盛店の店づくりVol.252

都内では初めてとなる、販売と買取の両方を行う店舗としてオープンした中古スマホ店「イオシス新宿西口店」。初日は100人もの行列ができるほどの盛況ぶりで、月の売上目標5000万円を上回る実績をあげている。

イオシス新宿西口店(東京都新宿区)

中古スマホ・イオシスの新店舗

店内にはとにかく商品がぎっしり。店内にはとにかく商品がぎっしり。商品数は多くても、見やすく、整然と陳列することを心がけている

スマホのプライスカードスマホのプライスカード。商品情報は盛りだくさんだが、分かりやすく記載している

「この店舗は本当に女性のお客様が多くてびっくりしています。秋葉原の店舗は女性客は1割ですが、ここは3割。通りすがりの方も入店している印象です」と話すのは、イオシスマーケティングソリューション室の奥野隆司さん。中古が当たり前の時代になってきたと実感している。

「けっこう安い。」「愛の買取」の看板をはじめ、同店内の装飾は派手めだ。「面白いんだけれども、査定時間は短く、買取価格は高い。個人情報もリファビッシュセンターで完全に消去する。面白い・安全・安い(販売)・速い・高い(買取)を実現しています」と奥野さん。

什器の一部には、透明のアクリル板の什器を採用什器の一部には、透明のアクリル板の什器を採用。透明感があって、見栄えも抜群。この什器の導入は福岡天神店に次いで2店舗目

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

Shop Data

オープン 2022年4月29日
取扱い商品 スマホ6割、タブレット2割、パソコン2割
備考 ●店舗面積/約30坪
●店頭在庫/約4000点
●客層/20代~50代 男:女=7:3
●月の売上/約5000万円
●備考/イオシスは東京に6店舗、大阪に3店舗、名古屋に2店舗、福岡に1店舗の計12店鋪展開している。

第541号(2022/8/10発行)13面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる