《キャラクター図鑑》よむよむ君(ブックオフ)

検索

「リユース企業のキャラクター図鑑」

《キャラクター図鑑》よむよむ君(ブックオフ)

2017年05月22日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブックオフコーポレーション(神奈川県相模原市)のシンボルキャラクター「よむよむ君」。ほのぼのとした癒し系のキャラでCMでも人気だが、笑顔の裏に狂気をはらむ設定で話題を呼んでいる。

よむよむ君

よむよむ君が初めてブックオフに登場したのは90年冬のスタンプカードから。91年に2号店の上溝店がオープンする時には店内装飾にも使われ、以後同店のシンボルとして定着。当時店舗スタッフだった永谷佳史総務部長は「よむよむ君は1号店のアルバイトの方がデザインしました。当時はこんなに有名になるとは想像できませんでした」と話す。

2014年7月ファミリーを起用したCMをスタート。8月に子どもの名前も一般公募し、「ゆるキャラグランプリ」にエントリー。この過程で認知拡大を図るためプロフィールを設定した。

ちょっとゆるい性格で、癒し系のよむよむ君は「かわいい」「親しみやすい」と好評で、同年のセールでは来店者数が増加するなど成果を挙げている。

2013年10月には着ぐるみを作成。現在直営店用、FC店舗用、テレビCM用があり、ほぼ毎週末イベントに登場。子ども達の歓迎を受けている。

「職業体験をした子ども達にノベルティグッズをプレゼントするのですが『よむよむ君だ!』と喜んでもらっています」と経営企画部の小湊貴治広報グループ長は話している。

1991年1月オープンのブックオフ2号店1991年1月オープンのブックオフ2号店の上溝店

メンバーカードにも使われたメンバーカードにも使われた

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

415号(2017/05/10発行)13面

Page top