ゲオ、今期EC強化で3月までに35万点掲載

検索

ゲオ、今期EC強化で3月までに35万点掲載

2017年06月13日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今秋「お取り寄せサービス」開始予定

ゲオホールディングス(愛知県名古屋市)が5月15日に行った2017年3月期決算発表会で、今期はEC化の強化に注力すると明かした。

セカストのECページセカストのECページ。3月までに35万点の掲載を計画する

同社はセカンドストリート全店で、実店舗の商品をECサイトで併売する仕組みをとる。今年3月時点で26 万点掲載8・5%のEC化率を、来年3月までに35万点、9%まで引き上げる計画だ。

「単価の高いものを中心に併売を強化したい」(遠藤結蔵社長)

これに伴い今秋からは、「お取り寄せサービス」を開始予定。ECサイトに掲載する他店舗の商品を、最寄りの店舗に取り寄せ「お客様に中古特有の色や状態などを確認して頂き、安心して購入できるようにします」(遠藤社長)

加えて、前期から取り組む商品調達の強化も引き続き行う。 

現在戸越銀座などで3店舗運営する買取り専門店を「店舗数を今期2ケタ達成できるように拡大していきたい」(遠藤社長)と言う。

また出張買取の買取チーム増強やエリア拡大、宅配買取の拠点を3拠点体制に増設するなど、買取客の多様なニーズに応えられる体制を構築していく。

同社の2017年3月期の売上高は約2680億円。うち約33%をリユースが占める。

ゲオホールディングス 遠藤結蔵社長ゲオホールディングス 遠藤結蔵社長

417号(2017/06/10発行)2面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる