ハグコミュニケーション、中古メディアを中野有名店から買取できるヒミツ

検索

新型コロナウイルス対策に伴う当社の対応について

当社は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、従業員の原則在宅勤務を実施することにいたしました。

皆さまには、ご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解のうえご容赦賜りますよう、お願い申し上げます。

各種お問い合わせにつきましては「お問合せフォーム」での対応とさせていただきます。

ハグコミュニケーション、中古メディアを中野有名店から買取できるヒミツ

2017年07月14日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新品中古アニメグッズなどのハグ・コミニュケーション(東京都中野区)が、同業者からの買取りで在庫を確保している。

同社はアマゾンやヤフオク!、イーベイなどネット経由で、国内・海外に新品中古フィギュアなどを販売している。年商3億円のうち約3割が中古だ。

現在中野の有名中古店や、秋葉原有名中古店などと取引がある。1回あたり20万~30万円分、多い時で週5回のペースで買い取っていると言う。

「当社は新品にも力を入れているので、自社での買取に人員や時間をさけないときもあります。そんな時重宝しています。また、他店と関係性が構築できるのもいいですね」(守岡英樹代表)

買取先は2~3年前から開拓して、関係づくりも密におこなってきた。

現在はスケジュールや在庫数的に難しい依頼は、他社を紹介するなどして分散させていると言う。

「やはり買取りは、知名度がある大きいリサイクルショップに流れやすい。中小規模の店舗が共存していくには、助け合いや情報交換など横のつながりが一番大切です」

ハグ・コミニュケーション 守岡英樹代表守岡英樹代表。オフィスは遊び心に溢れている

419号(2017/07/10発行)5面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる