Cash Converters(キャッシュ・コンバーターズ)、オーストラリア発の国際上場企業(オーストラリア)《海外の二次流通》

検索

「海外の二次流通」

Cash Converters(キャッシュ・コンバーターズ)、オーストラリア発の国際上場企業(オーストラリア)《海外の二次流通》

2017年08月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リサイクルと小口融資で急成長

シンガポールのアン・モ・キオ店シンガポールのアン・モ・キオ店

1984年に1店舗からスタート
世界21ヵ国700店舗以上を展開

キャッシュ・コンバーターズは1984年にオーストラリア西部の都市パースでブライアン・カミンズが創業した中古売買と小口金融を提供する企業だ。当初は小さな店1軒からスタートしたが、創業30周年にあたる2014年の時点では、世界21ヵ国に700店以上を持つ国際フランチャイズに成長している。経営母体のキャッシュ・コンバーターズ・インターナショナルは1995年にイギリス、1997年にはオーストラリアの証券市場に上場している。

同店が売買する商品はジュエリー、時計、ビデオゲーム&コントローラー、楽器、アンプ、DJ機器、スポーツ用品、酒類、カメラ、携帯・スマホ・タブレット、コンピュータ、ホームエンターテイメント製品など。逆に扱わないのは、洋服、靴、本、盗難品やコピー品、PCパーツ、CDロムゲーム、カセット、ビデオテープ、ソフトウェア、エアコン、洗濯機、冷蔵庫等の大型家電や大型家具などだ。

日本の総合リサイクルショップが大型家電や家具で利益を出している店が多いのとは対照的で、業態としては電化製品に力を入れている質店に近いかもしれない。大きく異なるのは個人向けのキャッシュローンを提供している点だ。また、引越しや海外赴任者の帰国、倉庫の整理などで大量の不用品を売却したい人には、出張買取サービスも提供している。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

421号(2017/08/10発行)11面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる