中古PCのリングロー、世界に「横軸の流通ベルト」

検索

2020年10月20日(火)・21日(水)/時間:10:30〜18:00/会場:オンライン(EventHub)/通常:8,000/1人→超早割:先着300名 2000円/1人(税別)※1人1枚で全てのセミナーがWEBで視聴できます。

中古PCのリングロー、世界に「横軸の流通ベルト」

2017年10月16日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドバイ・ロスに拠点立ち上げ

中古PC事業を手掛けるリングロー(東京都豊島区)が9月20日、グローバルな「横軸の流通ベルトをつくる」構想を発表した。すでにマレーシアに拠点を立ち上げているが、現在ドバイでテストマーケティング中。2017年度中に法人登記を行う計画だ。ロサンゼルスにも拠点を今年度中に開設し、2020年までにヨーロッパとアメリカ東部にも拠点をつくる。

横軸の流通ベルトについて説明する碇敏之社長横軸の流通ベルトについて説明する碇敏之社長

「従来の流通は北から南下するのが基本。各縦ラインで人気製品が異なっているため、横に流通させれば、新たな需用にマッチさせることができる」と、碇敏之社長は狙いを話す。日本を含む世界6拠点で横軸の流通ベルトをつくる。

また、国内の新品PCの生産台数減少を受けて「中古PCの数は枯渇傾向」(碇敏之社長)。そこで、海外で出る中古PCを日本に引き入れ、日本向けにも安定調達を目指す。ドイツは、日本仕様にキーボードを付け替えるなど作業拠点としても想定している。

5年後には全体で110億円、海外のみで65億円の売上げを目指す。国内と海外の売上げ構成比を逆転させる方針だ。

425号(2017/10/10発行)5面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top