三木楽器アメリカ村店、エレキギターで月4500万円

検索

新型コロナウイルス対策に伴う当社の対応について

当社は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、従業員の原則在宅勤務を実施することにいたしました。

皆さまには、ご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解のうえご容赦賜りますよう、お願い申し上げます。

各種お問い合わせにつきましては「お問合せフォーム」での対応とさせていただきます。

三木楽器アメリカ村店、エレキギターで月4500万円

2017年12月15日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中古比率は45%

創業190年を超え、楽器店9店、音楽教室やセミナー、高校生バンドコンテストなどを運営する三木楽器(大阪府大阪市)は、国内最大のエレキギター専門店「三木楽器アメリカ村店」で、月商4500万円を売り上げる。内、約45%が中古売上によるものだ。

アメリカ村店3階のギブソンコーナーアメリカ村店3階のギブソンコーナー

同店の売り場は4フロアあり、1フロアは約60坪。国内外の新品・中古合わせて、エレキギターを常時1000本以上販売している。内、中古比率は約30%。

ビギナーからハイエンドまで利用できるようにと、商品種類の豊富さが強み。新品・中古問わず中心単価は15万円程だが、3階の「ギブソン」専門フロアや、4階の「フェンダー」などのヴィンテージ専門フロアでは、数十万円で販売するエレキギターもある。

「どの層に対しても欲しいと思える商品を提供できることが強み。それでもハイエンドユーザーのお客様が多いので、その人達からの下取りを促しつつ、単価の高いヴィンテージ物の販売強化を今後もしていきたい。現在買取りは月に100本程です」(小池課長)

三木楽器の2016年6月期会社売上高は88・5億円。

三木楽器店舗営業部 小池重一課長三木楽器 店舗営業部 小池重一課長

429号(2017/12/10発行)5面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top