買取店のフォーナイン FC展開が好調 「接客研修」で15店に

検索

2020年10月20日(火)・21日(水)/時間:10:30〜18:00/会場:オンライン(EventHub)/通常:8,000/1人→超早割:先着300名 2000円/1人(税別)※1人1枚で全てのセミナーがWEBで視聴できます。

買取店のフォーナイン FC展開が好調 「接客研修」で15店に

2018年04月27日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

買取店のフォーナイン
FC展開が好調 「接客研修」で15店に


貴金属やブランド品などの買取店「WAKABA(わかば)」を運営するフォーナイン(東京都台東区)が、好調なFC展開を見せている。
昨年4月時点の店舗数は5店だったが、15店に増やした。「オーナー企業から他の企業への口コミが広がっている」(今井亮一社長)と言う。昨年11月にFC公募を正式に始め、さらに数十件の出店契約が完了済みだ。

4B-2.jpg

▲サンピア東金店の外観

立ち上げ1~2ヵ月で利益を出せるようにSV常駐期間のオープン後2週間で、接客重視の短期集中研修を提供する。「例えるなら買取店も旅館の接客と同じ。出迎えや見送りなどあるが、お客様との接点は数えるほどしかない。それがきちんとできているかどうかで如実に差が出る。実際に短期間で実績を出したオーナーもいて、その反響が出店増や契約増に繋がっている」(今井社長)。
同社2018年3月期売上見込みは4・1億円。今期中に100店のFC契約を目指す。

4B-1.jpg
▲今井亮一社長

第438号(2018/04/25発行)4面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top