中古携帯流通の促進検討会を設立

検索

中古携帯流通の促進検討会を設立

2018年07月25日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

▼関連記事はこちら

中古携帯流通の促進検討会を設立

〝買取〟と〝修理〟の団体が連携

中古携帯を扱う事業者らによる任意団体、リユースモバイル・ジャパン携帯端末登録修理協議会、は7月6日、「リユースモバイル関連ガイドライン検討会」を立ち上げた。

総務省をオブザーバーに迎え、リユースモバイルの「格付け基準、機能・性能の確認方法」「個人情報の取扱、データ消去」「取り扱う企業の要件、人材の育成」についてガイドラインを作成し、10月中旬に公開する予定だ。

同検討会は、このガイドランを広く業界企業に利用してもらうため、周知などの取り組みを進める。

この検討会の設立は、総務省が4月27日に公開した「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」の報告書の提言を受けてのもの。

報告書では安心して取引できる中古端末の市場形成や、中古端末の流通阻害要因の排除に向けた取り組み等が提言された。

505f12f501cab127dc1631952d92b0c6_m.jpg

▼関連記事はこちら
《携帯&スマホAtoZ 第71回》 総務省が昨年末から検討会を4回開催
《携帯&スマホ AtoZ 第72回》モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針
ゲオ 中古携帯電話の販売台数が前年比116%と、販売実績を伸ばす

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第444号(2018/07/25発行)1面

Page top