大黒屋、ネット販売を強化

検索

大黒屋、ネット販売を強化

2016年02月15日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

委託型EC会社を設立、3年後に売上100億円目指す

中古ブランド大手の大黒屋(東京都港区)がネット販売の強化に乗り出した。同社の親会社が委託型のEC販売を行うラックスワイズ(以下:LW)を設立、1月26日から販売を開始した。

LW運営の委託型ECLW運営の委託型EC

サービス名は「The SIFQUE (シフク)」。顧客から預かったブランド品やアパレルを鑑定、出品し、販売額の50〜90%を還元する。委託形式だけでなく、同社で買い取ることも検討する。

大黒屋は買取販売店を20店展開。リアル店の小売りに強い一方で、ネットは出遅れていた。米で委託型ブランドECを行う「リアルリアル」の日本法人が撤退したことから、主要メンバーを迎え、LWを立ち上げた。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

385号(2016/2/10発行) 4面

Page top