アンティークモール銀座店、商品ディスプレイ配色を統一

検索

アンティークモール銀座店、商品ディスプレイ配色を統一

2018年11月04日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

じゅうきのつかいかた

人が集まるところには必ず理由がある。どんな工夫を凝らしているのか。今回は什器の工夫をレポート。


アンティークモール銀座店(東京都中央区)

商品ディスプレイ配色統一 セット買い狙う

骨董品を主に取り扱 っているアンティークモール銀座(東京都中央区)では、什器と商品のカラーを合わせている。例えば、茶色系の木製ショーケースには、赤色や茶色の暖色系の商品を配置。茶色系には赤色や黄色の暖色を、青色系には水色や紫色などの寒色を使用すると、商品配置にも統一感が出る。ケースと商品のセット購入が期待できる。


「お客様が店内で商品を見た時、購入したいと思う気持ちを沸くように心がけています。ひと目で『これはどんな商品か』ざっくりでも理解できることが大切だと思います。商品の差し色や棚の下部分の色を合わせることで、センスも光るので、取り入れるよう心がけています」(小林廣久部長)

2_1.JPG
2_1拡大.JPG▲茶色系には赤色を合わせている


2_青_2.JPG
2_青_1.JPG▲青は青で統一


会社名:パピリオ
所在地:東京都中央区
代表取締役:中村 みゆき
事業内容:骨董品やアンティーク商品を取り扱っており、西洋アンティーク、和・東洋骨董、きもの・古布ショップが集合した骨董ショッピングモール。東京銀座、オンラインショップを構えている。

▼関連記事はこちら
ジャックウィズ 、"お洒落空間"で女性客獲得
骨董店【濱屋・ジャンデール】、「島津家伝来の刀剣」も
《SNSに何書く?》だんどりおん 見るだけで伝わる動画で日本文化を発信

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第450号(2018/010/25発行)14面

Page top