【注目の取り組み】西荻骨董好きまつり

検索

【注目の取り組み】西荻骨董好きまつり

2018年11月03日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

20年めを迎えた骨董イベント
西荻骨董好きまつり



IMG_7894.jpg▲当日は西荻の町にのぼりが立ちました

IMG_8103.jpg▲山本 利幸さん

西荻骨董好きまつり
事務局 山本利幸さん

「まつりに出店する顔ぶれは、20年前からあまり変わっていません。以前はは土日の2日間開催していたのですが、現在は1日のみです。今後はできれば2日間開催に戻し、出店店舗を入れ替えられたら、と思っています」と山本さん。山本さんの店舗「駱駝」は、井荻会館のすぐ近く。アンティーク和硝子、和家具などを買取販売・修理をしている他、住宅や店舗のリフォームも手がけている。

「井荻会館が第一会場、第二会場は西荻の町全体」

今年20年目を迎える「西荻骨董好きまつり」が10月13日、井荻会館で開催された。年に2回春と秋に開かれており、「毎回、会場を待つ人の長い列ができるんですよ」と事務局の山本利幸さんは話す。井荻会館は地域の自治会が共同で運営している集会所で、戦前に建てられた木造二階建ての建物。畳敷きの大広間があり、重厚で落ち着いた佇まいは、骨董好きの雰囲気にぴったりだ。


「室内での開催なので雨の心配もなく、畳に座ってじっくり商品を見ることができるのが、このまつりの良さですね」と山本さん。元々、西荻は骨董品を扱う店舗が多く、多いときは75店舗ほどが店を開いていた。しかし、現在は40店舗ほどに減少している。西荻駅から徒歩で10分ほどの場所にある西荻会館。


山本さんは「このまつりに来るお客様の多くは、アンティークマップを片手に西荻の店舗をぐるりと回ってくれます。ここが第一会場で、西荻の町が第二会場なんです」と話している。次回は2019年4月に開催の予定。

IMG_7907.jpg▲井荻会館の前で会場を待つお客たち


IMG_7951.jpg▲1階の大広間の畳に座って、お店の人と話すお客たち。各店舗での滞在時間も長く感じられた

IMG_7959.jpg▲二階に続く階段。どっしりとした手すりが歴史を感じさせる

IMG_7966.jpg

▲2階の中広間に入ったのは5店舗。比較的和風の商材が多かったが、2階では海外で買い付けたものも並べられていた


IMG_8072.jpg
IMG_8075.jpg▲建物の外にも出店スペースがあり、大きめの商材を展示していた。右上の写真は、雪かきに使われていた木製の「ばんば」と呼ばれる古民具


IMG_8007.jpg
IMG_8014.jpg

▲17世紀のペルシアから昭和まで、幅広い古裂を販売していた店舗。コレクターのお客は、色褪せない天然染料の美しさを熱心に見ていた。お客の要望に応じてペルシア錦を裁断


IMG_8062.jpg
IMG_7984.jpg▲江戸・明治の木版画を販売する店舗(左上写真)や、可愛らしい雑貨を並べる店舗など全部で27店舗(飲食含む)が出店した


IMG_8049.jpg▲会場にはフードのお店も出店。手作りのお弁当やおにぎり、スープ、スイーツもあった。


IMG_8096.jpg▲ドリップコーヒーのコーナーも。香ばしいコーヒーの香りが会場を和ませた







▼関連記事はこちら
質の七つ屋 一人親家庭に100円ランチのイベント開催
ジャックウィズ 、"お洒落空間"で女性客獲得
骨董店【濱屋・ジャンデール】、「島津家伝来の刀剣」も

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第450号(2018/010/25発行)11面

Page top