SGオークション《古物市場データ》出品手数料制で良品集まる

検索

SGオークション《古物市場データ》出品手数料制で良品集まる

2019年03月17日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SGオークション

13-①.JPG

▲委託を含め多様な商材が集まる

会場 神奈川県横浜市鶴見区駒岡4-23-6
開催日 毎週水曜日
時間 10:00~終わりまで(荷物持ち込みは原則前日まで)
タイプ 道具系平場市

「自由度の高い市場」出品手数料制で良品集まる

「一言で言えば、自由度の高い市場ですね」と話すのは、道具市場SGオークション(神奈川県横浜市)の勝山陽介代表だ。扱う商材は家具や家電が中心で、海外輸出用の商材の買取りも行う 。神奈川県川崎市でリサイクルショップ「グッドプライス」を展開するソレイユが運営する。自由度の高さを裏付けるのは、ソレイユが保有する海外輸出のパイプだ。

同社はフィリピンに販売拠点を有しており、現地での売れ筋や相場価格を把握している。市場で落札されなくても、輸出可能と判断されれば買い取る体制を構築していることから、様々な商品を出品することができる。

平均出来高 250万円
出品点数 600~900点
参加企業数 15社
会員登録数 250社
出品構成比 家電40%、家具20%、ネット商材20%、輸出品20%
登録料 20,000円
参加料 1,000円
駐車場代 1,000円

▼関連記事はこちら
日本ブランドアドバンストオークション、10月から市場大会開催で出来高5億円を目指す
リサイクル店・オークションを運営するソレイユが、新事業を開始し初月売上100万ペソ超え
SGオークション、比ダバオに古物市

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第459号(2019/03/10発行)8面

Page top