オークネット、バイク部品卸と提携 会員向けサービスを相互利用

検索

オークネット、バイク部品卸と提携 会員向けサービスを相互利用

2019年04月14日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

・オークネットが部品卸のプロトと業務提携
・両社の会員は提携先のサービス利用可能、満足度向上へ
・取引可能企業は各々数千社増加が見込まれる

.....................................................................................................................................................................

オークネット

5A-P1.png▲プロトとの提携によるアイ・モト・オークのリンク

バイク部品卸と提携
会員向けサービスを相互利用

年間6万台以上の中古バイクが出品されるITオークションを運営するオークネット(東京都港区)は2月22日、バイク部品の製造・卸等を行うプロト(愛知県刈谷市)との業務提携を発表業務提携を発表した。両社の会員は、3月13日から会員サイトを通じ、提携先のサービスが利用できる。オークネットが車体、プロトが部品と商材が異なるため、それぞれの顧客にサー ビスを提供し合うことで顧客の満足度向上・受注先増加が期待できる。

オークネットの中古バイク会員向けサイトには、プロトのバイク用品業販サイト「プロトWEB発注システ
ム」のリンクを設置。クリックすると同サイトが閲覧でき、部品等が格安で購入可能。プロトの契約店は、オークネットの中古バイクオークション「アイ・モト・オーク」での落札申し込みができる。落札可能車両は毎週木曜に開催される「バイクオークション 」と「ワンプライス」掲載車両。ワンプライスとは、会員が保有する在庫車両を、固定価格かつ在庫率100%で落札できる市場のこと。同提携により、両社の取引可能企業はそれぞれ約数千社純増する見込み。

「今回の提携をきっかけに両社の会員および契約店の取引が活性化するきっかけになっていただければ」(オークネット・モーターサイクル 福田博介社長)同社は今後もサービス拡充に向けた提携を積極的に行う考え。また、需要が大きいASEAN諸国でのビジネス拡大も視野に入れる。

a.jpg▲オークネット・モーターサイクル 福田博介社長

▼関連記事はこちら
オークネットCP、ブランド共有在庫を一体表示
《Sharing Economy》相乗りアプリノリーナの新型 近くのドライバー地図上に表示
オークネット、米中古ブランドECモールと提携

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第461号(2019/04/10発行)5面

Page top