阪急メンズ東京、リニューアルで中古フロア誕生 家具・古着・レコード等販売

検索

阪急メンズ東京、リニューアルで中古フロア誕生 家具・古着・レコード等販売

2019年04月13日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

阪急メンズ東京

4Bさしかえ.JPG

▲広々とした試聴室は百貨店初の試み

リニューアルで中古フロア誕生
家具・古着・レコード等販売

阪急阪神百貨店(大阪府大阪市)は3月15日、東京都千代田区にある百貨店「阪急メンズ東京」をリニューアルオープンした。「ヴィンテージ&リバイバル」がコンセプトの7階では、古着や中古家具等を取り扱う。これまで百貨店であまりカバーされなかった中古品も揃えることで、幅広い客層に対応する。

7階は、中央にヴィンテージアイテムの取扱店を集め、壁面にリバイバル製品を扱う店を配置した間取り。エレベーターから同フロアに入ると、中央手前にビーズインターナショナル(東京都目黒区)が手掛けるヴィ
ンテージインテリアショップ「Mid-Century MODERN」が登場。20世紀に活躍したデザイナー・イームズ夫妻による「イームズチェア」等を取り揃える。奥に進むと、レコードやステレオ機器を扱うギンザレコードが見える。

同店の最たる特徴は、百貨店初となる試聴室。広々とした空間に、総額約1500万円のステレオ機器を設置。お客は店内のレコードを自由に試聴できる。「試聴室にはソファ等も設置しており、自宅に似た空間を演出しています」(南部竜雄ストアマネージャー)中央スペース最奥に構えるのは、ヴィンテージアパレルのセレクトショップ、STRAY SHEEPだ。欧州等で直接買い付けた服や靴、鞄、帽子等が店内を彩る 。

▼関連記事はこちら
<リクロ>三越伊勢丹に買取店 初のリアル店、新宿と銀座に
グリニッチ、5年後でも半額で買取りサービスを行う
月額家具レンタル「airRoom」が1都3県に拡大

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第461号(2019/04/10発行)4面

Page top