チケットビス、米と並ぶイベント大国日本

検索

新型コロナウイルス対策に伴う当社の対応について

当社は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、従業員の原則在宅勤務を実施することにいたしました。

皆さまには、ご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解のうえご容赦賜りますよう、お願い申し上げます。

各種お問い合わせにつきましては「お問合せフォーム」での対応とさせていただきます。

「世界の眼」

チケットビス、米と並ぶイベント大国日本

2016年08月10日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハビエル・コルバチョ氏

南米や欧州、アジアなど世界47ヵ国で展開するスペインのチケット二次流通サービス「チケットビス」が、イーベイの子会社スタブハブの傘下に入ると5月末に発表した。

チケットビスを日本で運営するチケットエクスペリエンス(東京都中央区) のハビエル氏に、詳細や世界のチケット二次流通市場の動向について聞いた。

ハビエル・コルバチョ
アジア太平洋地域マネージャー

チケット世界市場も熱視線

ハビエル・コルバチョ氏は、チケットビスがスタブハブの傘下となったことで、ますます成長が期待できるだろうと話す。

「当時4ヵ国を対象に展開していたスタブハブがイーベイの傘下に入ったときは、9年で売上を約13倍の40億ドル(約4260億円)程まで伸ばした。今や北米のチケット二次流通市場で、60%を占めます。当社は現在約9500万ドル(約101億円)。47ヵ国と対象エリアも広いため、それを超える成長ができると予測しています」

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

397号(2016/08/10発行)7面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top