《Sharing Economy》ソフトバンク、AI清掃ロボのレンタル 故障に備えた保証も充実

検索

《Sharing Economy》ソフトバンク、AI清掃ロボのレンタル 故障に備えた保証も充実

2019年06月22日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ソフトバンク

ソフトバンク(東京都港区)は5月、オフィスや業務フロア向けのバキュームAI清掃ロボット「Whiz(ウィズ)」のレンタルサービス提供を開始した。これに伴い、充実したサポートや保証サービスも提供する。

15下.png▲ソフトバンクのAI清掃ロボット「Whiz」

本サービスでは、製品の購入が不要なため初期費用なしでWhizの利用を開始できる。契約期間も1、3、5年の3種類があり、利用ニーズに合わせて選択することが可能。

専用サービスデスクでの相談受付も開始。さらに、故障時に無償で修理を受けられる保証サービスを月額4800円で提供する。加えて、製品の特徴や操作方法を説明、清掃ルートの作成をアシストするサービスを有償のオプションとして提供するため、初心者でも安心のシステムだ。

▼関連記事はこちら
《Sharing Economy》WHILL、施設に電動車椅子をレンタル 高齢者の集客狙う
《Sharing Economy》ADDress、月4万円で全国11カ所に住み放題 空き家活用で地方創生に
《Sharing Economy》ソフトバンク、駐車場シェア 東京23区で実験

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第465号(2019/06/10発行)15面

Page top