ARTS C SOUNDTRACK、中古旧譜店リニューアル レーザーディスク押し出す

検索

ARTS C SOUNDTRACK、中古旧譜店リニューアル レーザーディスク押し出す

2019年08月15日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ARTS C SOUNDTRACK

映画音楽を中心に中古レコードの販売買取を行うARTS C SOUNDTRACK(東京都豊島区)はこれまでレコードやCD、書籍を扱ってきたが4月の店舗リニューアルに伴いレーザーディスクを押し出している。

レーザーディスクとは映像を映す直径30㎝のディスクで、映像がぶれなかったり、ビートルズの曲においてジョン・レノンの声だけを取り出せたりするという。

また『ロミオとジュリエット』のレーザーディスクは、DVDの画面サイズの映像とは異なり、まるで映画のようなワイドスクリーンで鑑賞できると話す。映画で話題となった「クイーン」の来日公演の様子を収めた映像はレーザーディスクでしか見られないものがあるという。

「他のお店では100円くらいで売られることもあるけど、良さを押し出せばレーザーディスクはあって良いと思う」(宮越篤代表)

3D.jpg▲宮越 篤代表

▼関連記事はこちら
FTF、中古レコード店が始めたフリマアプリ「GO DIG」 「捨てられる前に、掘り起こしたい」
中古レコード店 block、20代"つながりの場"に 月にイベント40回
ユーズドネット、新宿マルイに期間限定店 中古レコードの魅力発信

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第469号(2019/08/10発行)3面

Page top