ワサビ、AIによる簡単商品登録「在庫・倉庫管理アプリ」をリリース

検索

ワサビ、AIによる簡単商品登録「在庫・倉庫管理アプリ」をリリース

2019年10月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワサビ(大阪府大阪市)は11月中旬に、AIがサポートし商品登録が簡単に行える在庫・倉庫管理アプリ「STOCK SWITCH by WASABI」をリリースする。スマホのアプリを使って直感的に操作でき、リユース企業の業務効率化を支援する。

スマホで管理ができるスマホで管理ができる

商品の登録は、ブランドバッグであれば写真を撮るだけで画像を認識し、検索結果から商品を選ぶ。また、JANコードを撮影するだけで商品情報を読み取ることができ、商品名や型番等の商品スペックの登録の手間を軽減できる。後は値段と状態を記入し、モバイルプリンターでバーコードを発行し、商品と紐づけを行う。在庫管理は、入庫から店舗間の移動や棚卸、出庫まで一連の流れをステータス管理でき、帳票や送り状の作成も可能だ。買取店や質店等でよくある買取る前の預かり品の商品管理もでき、面倒な棚卸もハンディスキャナを使わずスマホでバーコードを読み取るだけだ。

「まだまだ手作業で在庫管理している事業者は多い。リユース店特有の事象に対応する管理機能も設けており、店舗でも倉庫でも在庫管理に活用頂けると思います」(大久保裕史社長)

大久保裕史 社長大久保裕史 社長

同社が提供する併売用の出品管理ツール「ワールドスイッチ」とも連携しており、EMSインボイスの発行もできる。

第474号(2019/10/25発行)2面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる