トップカメラ、宅配買取アプリをリリース 自撮りで本人確認が完了

検索

トップカメラ、宅配買取アプリをリリース 自撮りで本人確認が完了

2019年10月30日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イサン(愛知県名古屋市)の中古カメラ売買事業である「トップカメラ」は9月21日に宅配買取アプリをリリースした。同アプリは古物営業法の改正を受けて開発されたもので、買取アプリとしては初めて自撮りで本人確認が完了する仕組みを導入した。

5-A.png▲古物法の改正を受けて開発したアプリ

同アプリは古物営業法執行規則の第15条第3項第8号に順規する。同規則は非対面取引における本人確認の方法として、古物商が相手側から容貌を撮影した画像と本人確認書類の送信を受けることを明記したもの。

「システム業者と組んで開発した。本人確認には時間と手間がかかったが利便性を向上させた。ある程度の費用を投資した。(河合真人店長)」

アプリを起動後に本人確認書類と本人写真を撮影すると審査に移る。これまでの面倒な書類のやり取りが不要となった。売買の流れとしては買取品を撮影して申込んで商品を発送すると、後日に提示金額が表示される。売買が不成立でも送料は同社が負担する。買取対象はカメラ・PC・スマホ・万年筆等。

またリリースに際して「1億ポイント山分けキャンペーン」を実施。アプリをDLした先着10万名に同社ECサイト上で使える1000円分のポイントを進呈する。買い上げ金額が1万円を超える場合のみ使用できる。

▼関連記事はこちら
トップカメラ、11月に大規模撮影会 20年続く恒例行事
トップカメラ 動画で中古の状態確認
【リユース×テクノロジー】AIでオンライン本人確認 古物営業法に準拠

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第474号(2019/10/25発行)5面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top