RKグローバルオークション、ネット古物市場に参入 オークネットに相乗り

検索

RKグローバルオークション、ネット古物市場に参入 オークネットに相乗り

2019年11月11日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2e3dd505f88169f880050d1d3528ad18d8b82f99.jpg

中古ブランド品等の業者間オークション大手のRKグローバルオークション(以下:RKGA・神奈川県横浜市)は、ネット上の競りに11月末から参入する。ネット上で既に運営するオークネットと連携する。

オークネットが運営する入札方式と競り上がり方式のオークション内にRKGAの専用レーンを設けて月1回ずつ開催。11月30日から始める。買いはRKGA及びオークネットの会員が参加できるが、出品はRKGAの会員に限定される。

同社がネット競りに乗り出す背景には、出品数の増加がある。バイヤー負担の軽減を図ると共に距離や日程的に参加できないユーザーとの接点を広げる狙いだ。

RKGAのリアル競りでは出品時に指値を入れるにはバッグ、時計で10万円以上、宝石で5万円以上だが、ネットでは2万円以上で指値を入れることができる。そのため出品者に選択肢を提供する。「高額品は下見をしてリアルで買ってもらい、低単価品はネットでという流れになるかもしれません」(同社)

出品商品はRKGAでも商品チェックを行い、買い支えも行うことで相場の安定化は図る。手数料は外税方式の売り歩5%、買い歩4%。

 

▼関連記事はこちら
《ブランド市場バイヤーに学べ62》よく聞く"ヤリツキ"ってどういう意味?
オークネット、中古バイク保証サービス提供 会員制度の付加価値向上目指す
東質がネット古物市 オークネットと提携で

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第475号(2019/11/10発行)1面

Page top