ウルカ、成果報酬型サイトで買取支援 情報量で他社と差別化めざす

検索

ウルカ、成果報酬型サイトで買取支援 情報量で他社と差別化めざす

2020年02月12日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

成果報酬型の買取サイトにウルカ(東京都中央区)が参入した。情報量と情報の質で先行する競合に対抗する。夏までに20万人のサイト訪問を目指す。

3C_P1.png▲「ウルカ」ウェブサイト

ウルカは仕入れたい企業と売りたい個人をマッチングするサイトだ。個人はサイト上から企業に問い合わせができるほか、一括査定にも対応。査定依頼が入ると、条件にあった5社へ情報が送られ、各社が提示した査定額をもとに、ユーザーは条件のよい企業に売却できる。

料金は完全成果報酬型で、商材ごとに1件100円~5000円に設定。

同様のサービスサイトは既に存在するが、中西郁成社長は強気だ。前職でコンサルを行ったリユース企業から、他業種に比べ集客の手段が少ないことを指摘されていたといい、「例えば脱毛サロンなど、競争の激しい分野はマッチングサイトが200ほどあり、コンテンツも充実している。比較するとリユース分野は競合が少なく、コンテンツを充実させることで拡大を見込める」(中西社長)

3C_P2.jpg▲中西郁成社長

中西社長は、「競合サイトに掲載されている情報の中には、古いものや誤っているものも多い。正しい情報を届けていきたい」と意気込む。現在は検索による集客を中心に行っている。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第481号(2020/2/10発行)3面

Page top