《次なる一手》メルカリ、出品の手間解消へ リアル進出強化

検索

《次なる一手》メルカリ、出品の手間解消へ リアル進出強化

2020年03月19日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルカリ(東京都港区)が2月20日に行った事業戦略発表会では新たに、「メルカリステーション」の屋号でサポート店舗を展開し、無人発送拠点「メルカリポスト」を開発、設置を進めることを明かした。

7B.jpg▲事業戦略発表会で話す野辺一也執行役員

メルカリステーションでは、メルカリ利用方法について撮影から発送まで店員が指南する。1号店を新宿マルイ本館に設置し、来年までに10の主要都市で展開予定だ。

またメルカリポストでは、従来有人対応だった発送手続きをセルフで行えるようにした。さらに、出品完了済み商品を提携倉庫へまとめて発送し、保管と発送を代行する「あとよろメルカリ便」の新サービスも発表している。

こうした発送や出品の手間の解消とあわせて、執行役員の野辺一也氏はメルカリと一次流通各企業との提携を発表。メルカリは各提携企業の商品データを把握することでより手軽な出品体験を目指す。簡易出品ができる商品を拡充して、流通量を底上げする。

提携する一次流通各社は、メルカリの二次流通のデータをマーケティングの情報源にできる。例えばメルカリの検索・購入データをマーケティングに活用したり、メルカリと一次流通企業のアカウントを提携して、メルカリで手放した商品の代替品をレコメンドしたり等が考えられる。

メルカリにも課題はある。同社は"メルカリを知っているが、出品したことがない"人口を3610万人と推計。たしかに、出品時の撮影・情報入力や買い手との価格交渉に手間がかかるほか、個人間取引のためトラブルが起きやすいのも事実だ。そのため同社は昨年以降、リアル進出施策を強めている。マルイの催事コーナーにブースを出展し出品方法の解説を行ったり、「メルカリ教室」でシニア向けの教室を開催したり等、熱心な新規層の取込がみられる。

今後のリユース店は、メルカリが実装しにくい即時買取の強みを最大限活かす工夫が求められそうだ。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第483号(2020/3/10発行)8面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top