スペースマーケット、テレワーク用に場所貸しを強化 新型コロナ受け

検索

スペースマーケット、テレワーク用に場所貸しを強化 新型コロナ受け

2020年04月22日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアでいこう

~経済を変える!?
最新シェアリングエコノミー動向~

最新シェアリングエコノミー動向

あらゆるスペースを1時間単位から貸し借りできるプラットフォームを運営する『スペースマーケット(東京都新宿区)』は3月より、「テレワーク応援」特集を開始した。要望に合わせた特別プランを用意しているスペースを選定し、コロナウイルス対策で増加するテレワークを支援する。

テレワーク実施企業が増える一方、自宅では仕事に集中しづらく、感染リスクを恐れてカフェやコワーキングなどの公共空間の利用ができないという声も多いという。同特集では、1日集中して仕事するための利用やオンラインミーティングでの利用など多様な要望に対応可能なスペースを選定。利用者はワークスペースを貸し切り利用できる。

また感染予防対策として、スペースを貸し出すホストに消毒液の設置やマスク着用など予防措置についての注意喚起を行っている。具体的な対応内容については事前に問い合わせできる。対象スペースは東京・名古屋・大阪など。各スペースページ記載の「テレワーク応援プラン」より予約可能。

第485号(2020/4/10発行)14面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top