買取番長、マスクや消毒液を販売

検索

買取番長、マスクや消毒液を販売

2020年05月27日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京・練馬でリユース店「買取番長」を運営するTSK(東京都板橋区)が、マスクや消毒液の販売支援を始めている。新型コロナウイルスの影響でこれらの需要が高まっており、同社では店頭で個人客に販売するほか、企業からの発注にも応じている。

主には中国の卸業者を通じて、ポリエステル製で洗って繰り返し使えるマスクを仕入れている。4月上旬からこの取り組みをはじめ、1回目の発注では2万枚を揃えた。以降も定期的に発注をかけている。企業からは特に従業員への配布を目的とした受注が増えているという。「需要の伸びに伴い仕入れ値も高騰気味。当店では1枚単価65〜75円で販売しています」(松崎宏泰社長)

4781_01.jpg松崎宏泰社長

中国製マスクは個装のため単品売りも応じているが、おおよそ個人客には50枚単位、企業には1000枚単位で販売している。他にも感染対策用品として、マスクや繊維に吹き掛けて使える次亜塩素酸水なども揃えている。

新聞購読ならすべての記事が読める!

第488号(2020/5/25発行)2面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top