令玄会、老舗掛け軸市 北山アートらが継承

検索

令玄会、老舗掛け軸市 北山アートらが継承

2020年07月04日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

古物市場データ

初競り出来高1400万

競りの様子競りの様子

50年以上の歴史を持つ掛け軸の古物市場「三玄会」が今年2月、「令玄会」として刷新された。前身の会主が高齢だったことを受け、骨董業の北山アート(東京都世田谷区)ら4社が継承し運営している。

北山アートは有力な骨董市として知られる「弥生会」でも共同会主を務める1社でもある。

1回に1000点
最高で150万円の落札も

令玄会は現在、毎月7日に東京・上野で開催。2月の初競りではおよそ1000点が出品され、1400万円の出来高を上げた。

「これまでの最高クラスの落札は1点150万円で、横山大観の掛け軸もその1つでした」(北山アート藤生洋社長)。

藤生氏によると掛け軸の買取りは、次の3つの「筋」を見ることが大切という。

1.作品が出た家が富裕層もしくはコレクターかどうか
2.作品が収められている箱が漆の二重箱であるか
3.軸先が象牙製であるか。

先述の横山大観の掛け軸も3つをクリアした作品だったようだ。

新型コロナウイルスの影響で3ヵ月ぶりの開催となった6月7日の競りには、ネット等で骨董品販売を行う業者や日本に駐在する中国人バイヤーなど60人以上が参加した。序盤は1点1万円未満で落札されるものが目立ったが、途中、田能村竹田の巻物が18万円、夏目漱石の原稿で額縁入りの状態のものが28万円で落札されるなど賑わった。

「平均でみれば、山で競るものも含め1点あたりの落札は1万円程度」(藤生氏)。

この日は約700点を競り、出来高1180万円を上げた。

掛け軸をメインに競る掛け軸をメインに競る

相場は20年で下がるも文人画、仏教画の需要高まる

掛け軸は、生活様式の変化により家に床の間を持たない世帯が増えていることで需要が減り、20年前に比べ全体的に相場が7〜8割程度落ちているという。だが、現在はコアなコレクターの間で日中の作品共に文人画、仏教画の需要が高まっている。

コロナ対策として入場者への検温を行う、共同会主の北山アート・藤生洋社長。37度以上は入場できない。コロナ対策として入場者への検温を行う、共同会主の北山アート・藤生洋社長。37度以上は入場できない。

令玄会概要
ジャンル 掛け軸、書画など
開  催 毎月7日 10:30〜
会  場 東京都台東区上野公園3−42
費  用  2000円(食事付)、年会費・入会金なし
歩  銭 売り歩6%、買い歩なし(内税)
備  考  後日振込形式の延べ会ではないため、参加者同士で組を作る必要がない。気軽に参加が可。

第490号(2020/6/25発行)12面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる