バズストア、海外販路の拡大を目指し台湾ECモールへ出品

検索

バズストア、海外販路の拡大を目指し台湾ECモールへ出品

2020年07月15日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バズストア 台湾ECモールへブランド古着出品

バズストア

古着店「バズストア」を運営するリンク(東京都練馬区)は、台湾最大のECモール「Bibian比比昂」への出品を6月24日から開始した。

出品数はバズストアで取り扱うブランド古着約1万5000商品。また、バズストアの買取商品を自動で連携するシステムを開発。Bibian比比昂で購入すると、バズストアの店頭からBibian比比昂の日本 倉庫へ配送され、その後台湾倉庫を経て購入者の元へ届けられる。

バズストアは国内ほぼ全てのECモールへの出品をしてきた。今回、まだアプローチできていないお客への展開を検討した結果、海外販路の拡大を目指すことになった。

バスストアは現在、都内主要エリアに13店舗、ネットショップ9店舗を展開している。

第491号(2020/7/10発行)14面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top