Belong社長インタビュー、中古スマホの最適売買を推進しITで差別化

検索

2020年10月20日(火)・21日(水)/時間:10:30〜18:00/会場:オンライン(EventHub)/1人様:8,000円 残席わずか!(税別)

「市場の行方」

Belong社長インタビュー、中古スマホの最適売買を推進しITで差別化

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ITと伊藤忠チャネル活かす

端末の最適売買を推進

コロナショックによって混迷極まる世界情勢。リユース事業者もその規模を問わず、変革の波がやってきた。そこで本連載では様々な業種・規模のトップに、今後の中古市場展望と会社の未来像を訊く。今回は中古スマホで成長している伊藤忠グループのBelongとCtoCレンタルで新たな市場を開拓したピーステックラボ(両社とも東京都渋谷区)を取り上げる。

井上大輔 社長中古スマホのBelong 井上 大輔 社長

―― 事業概要と、近況をお聞かせください。

事業は「にこスマ」のサイトで中古スマホ販売、「ビロング買取」でのネット買取が中心です。伊藤忠のネットワークを活用して中古端末を仕入れています。

売上は非開示ですが、元々非対面での買取販売なので、コロナによる影響も大きく出ず、大体計画していた推移です。単価は2万~3万円のアイフォーン8等が中心ですが、5万円超のアイフォーンⅩ以降も思ったより売れている印象です。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第494号(2020/8/25発行)15面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top