メルカリ、リコール品への迅速対応可能に

検索

2020年10月20日(火)・21日(水)/時間:10:30〜18:00/会場:オンライン(EventHub)/通常:8,000/1人→超早割:先着300名 2000円/1人(税別)※1人1枚で全てのセミナーがWEBで視聴できます。

メルカリ、リコール品への迅速対応可能に

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルカリ(東京都港区)は、9月7日にリコール品の迅速な回収が可能になる「リコール品プログラム」を開始すると発表した。製造・輸入事業者等と製品情報をデータ連携することで、リコール発生時にリコール品の出品・購入をした顧客の特定を容易にするプログラムで、CtoCサービスとしては初めての取り組みだ。

メルカリの「リコール品プログラム」の流れメルカリの「リコール品プログラム」の流れ

同プログラムでは、製造・輸入事業者等が日頃発信する情報を当該商品の出品者・購入者に「お知らせ」機能からピンポイントで届ける。あらかじめ製造・輸入事業者等から製品情報を提供してもらい、それを元に顧客が商品を出品できるようにする。リコールが発生した際は情報を用いて顧客を特定することで、回収率が上がり事故防止に繋がるなど、製造・輸入事業者等の製品安全に貢献できる。

メルカリは、これまでも経済産業省との連絡会合に参加し、製品安全に関する情報共有や対策を検討していた。また、重大事故のあった製品に関しては関係省庁からの対応要請を受け、リコール品を購入した顧客への注意喚起を行う等の役割を担う。

WEB限定記事

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top