ブックオフ、中古ボードゲームの新業態ファミリー層の集客目指す

検索

ブックオフ、中古ボードゲームの新業態ファミリー層の集客目指す

2020年10月29日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中古ボードゲームの新業態 愛知に2店舗

長久手グリーンロード店長久手グリーンロード店

ブックオフコーポレーション(神奈川県相模原市)は中古ボードゲーム専門店「ボードゲームカフェ」を10月2日に名古屋市内、続いて8日に長久手市内に設置した。店内では買取・販売の他、時間制でボードゲームを遊べる。ファミリー層の集客を目指す。

2日に開店した栄スカイル店は座席が5卓20席、商品数が約340点。8日に開店した長久手グリーンロード店は座席が8卓32席、商品数が412点。店内では1人1時間400円~+1ドリンクオーダー制でボードゲームが遊べ、店内でケーキ等の菓子類も販売する。ボードゲームの買取や販売も行う。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第498号(2020/10/25発行)6面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top