ものばんく、「時計のクオーク」「骨董のKURAYA」とコラボ

検索

ものばんく、「時計のクオーク」「骨董のKURAYA」とコラボ

2020年11月09日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オークションでコラボ

時計のクオーク、骨董のKURAYAと

モノバンクワールドワイドオークション国内新規会員数推移

ものばんく(山口県下関市)が運営する業者間ネットオークション「モノバンクワールドワイドオークション」で、他社と連携する動きが広がっている。既に8月からアンカーレーベル(神奈川県横浜市)が運営する「令和オークション」が参画、11月27日からクオークを運営するアール(東京都台東区)とブランド時計、12月にはKURAYAを運営する備忠商事(千葉県千葉市)と骨董品のネットオークションを始める。

新型コロナの影響で手競りが行いにくい状況になったことから、ものばんくのオークションシステムを活用、また、これまでの出品者の立場から、コラボで主催者側になることで手数料を軽減できる。ものばんくとバイヤーを共有することで、買い手の広がりを生むことができる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第499号(2020/11/10発行)1面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top