メルカリ、高額出品にアラート機能 基本原則表明「安全・信頼」追求

検索

メルカリ、高額出品にアラート機能 基本原則表明「安全・信頼」追求

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリマアプリのメルカリ(東京都港区)は1月27日に開催した記者発表会で、出品物の価格が定価より著しく高く付けられた商品に対し、「アラート機能」により冷静に購入判断ができる仕組みを導入することを明かした。今春以降にリリース予定という。同社では有識者会議を開き、「マーケットプレイスの基本原則」について議論を重ねてきた。今後「安全」「信頼」面の強化を目指す中、一次流通企業と連携しながら、生命身体の安全や健康に関わる必需品の出品規制も行っていく。

メルカリ、高額出品に「アラート」機能.jpgメルカリ、高額出品に「アラート」機能

コロナ下ではマスクなど衛生用品の買い占めや転売が、フリマアプリと関連付けられ問題視されてきた。これに関連し立ち上がった同社の有識者会議では、昨夏から6回の議論を行い、この度「基本原則」を策定した。基本原則には「安全であること」「信頼できること」「人道的であること」の3つを据える。うち「安全」「信頼」面の担保の具体策として、「需給バランスが著しく崩れ、急激に価格が高騰したもの」に対し、一次流通企業との連携のもと販売前後の注意喚起など情報提供の措置をとる。またコロナ下で出品規制されたマスクのように、衛生用品など必需品の一次流通における供給状況についてもユーザーに向けた情報提供を行い、出品規制などの措置もとる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

WEB限定記事

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる