リユース事業者の買取・販売「ロッカー」活用事例まとめ!非対面取引でニーズ増加

検索

新型コロナウイルス対策に伴う当社の対応について

当社は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、従業員の原則在宅勤務を実施することにいたしました。

皆さまには、ご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解のうえご容赦賜りますよう、お願い申し上げます。

各種お問い合わせにつきましては「お問合せフォーム」での対応とさせていただきます。

リユース事業者の買取・販売「ロッカー」活用事例まとめ!非対面取引でニーズ増加

2021年02月05日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

顧客接点にロッカーを活用するリユース企業が増えている顧客接点にロッカーを活用するリユース企業が増えている

対面取引がはばかられるコロナ禍、無人で取引が行える「ロッカー」を取り入れる企業が増えている。

個人店から大手企業まで幅広く利用され、ロッカーの種類や形態も多種多様。無人買取・販売に加え、宅配やレンタルにも利用されている。非対面取引が可能になるだけでなく、今まで営業時間中に店舗に足を運べなかった顧客もサービスを利用しやすくなった。人件費削減にも繋がるため、今後もロッカーを取り入れる企業はまだ増えそうだ。

以下では、主な企業の導入事例を取り上げる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

WEB限定記事

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる