メルカリ、出品物を中国へ販売 BEENOSが輸出支援

検索

メルカリ、出品物を中国へ販売 BEENOSが輸出支援

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリマアプリのメルカリ(東京都港区)は3月より、メルカリ内の一部商品を中国・アリババグループのECモール「淘宝」(タオバオ)とフリマアプリ「閑魚」(シェンユー)で閲覧・注文可能になったことを発表した。輸出代行のBEENOS子会社、BeeCruise(東京都品川区)がサポートを行う。

メルカリ商品を淘宝・閑魚で買える.png

メルカリ商品を淘宝・閑魚で買える

閑魚は月間ユーザー9000万人の中国大手フリマアプリだ。メルカリとBeeCruiseはすでに「Buyee」「Shopee」「Lazada」などの海外マーケットプレイスとも提携しているが、閑魚との連携は日本のマーケットプレイスとしては初。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

WEB限定記事

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる