キッズファン、「キッズ市場への可能性」と「依存しないビジネスモデル」

検索

「VOICE」

キッズファン、「キッズ市場への可能性」と「依存しないビジネスモデル」

2021年04月01日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VOICE~読者の声~読者の声を紹介するこのコーナー
異なる業態の代表の方からコメントをいただきました。

テーマ:リユース業界に入ったわけ

子ども服リサイクルチェーンの流行にビジネスの可能性を感じた

千葉県千葉市でキッズファンという中古キッズ用品を扱う店を運営しています。店を立ち上げたのは16年前ですが、当時は子ども服のリサイクルチェーン店が増えた時期で、ブランド子ども服に人気があったのです。それを見てキッズ市場に可能性を感じました。

それまでブックオフの子ども用品専門店に勤務しており、ビジネスのやり方はある程度わかっていました。チェーン店の傘下に入ればロイヤリティを取られますし、一人でやれる自信があったので、独自で店を立ち上げたのです。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第508号(2021/3/25発行)19面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる