優健工業、中古建材を活かす「アウトレットリフォーム」

検索

優健工業、中古建材を活かす「アウトレットリフォーム」

2021年04月01日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中古建材活かすリフォーム

工事費用半額を実現

金城健二 社長金城健二社長

店舗やオフィスなどの内装施工を主軸とする優健工業(東京都江戸川区)は、他のリフォーム現場で出た廃材を活用した「地球にやさしいアウトレットリフォーム」を1月より本格始動している。

最大の特徴は、他のリフォーム現場で出た廃材を利活用することで、相場の半分から7割で工事が可能になることだ。他社が使用して余った床材、建材等を、通常の仕入れ価格の3分の1から10分の1で仕入れ、自社倉庫に保管する。その後、自社にリフォームの依頼が来た際に、他の建材より施工費用を抑えられるサービスとしてを提案する。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第508号(2021/3/25発行)6面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる