岡田商店、『大学会報誌に広告掲載』買取依頼集める

検索

岡田商店、『大学会報誌に広告掲載』買取依頼集める

2021年04月10日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大学会報誌に広告

卒業生の実家に買取

目黒区に店舗を持つ目黒区に店舗を持つ

現代美術・古美術や骨董を扱う「ギャラリーななくさ」を営む岡田商店(東京都目黒区)では、都内大学の会報誌に広告を掲載し買取依頼を集めている。地方出身の卒業生からの依頼が多く、卒業後も地元に戻らず社会人生活を都内近郊で過ごしている人から、「実家を片づけてほしい」という声が寄せられているという。

同社では現在、都内2大学の会報誌と広告掲載の年間契約を交わしている。うち1大学とは20年以上の付き合いがあり、同社の前代表が当該大学の卒業生だったことがきっかけだったという。現在はコロナの影響で特に地方からの依頼が減っているが、全盛期では広告掲載料の10倍ほどの金額分を買い取りできるほど、リターンがあった。買取品の中には、学生時代に出席した成人式で着用した振袖や、実家の家族が保有している骨董品など資産性の高い物が多い。

同社ではこうした出張買取を主体に商品を集め、そのほとんどを複数の専門の古物市場で売却している。創業して70年余りの歴史がある。

第509号(2021/4/10発行)7面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる