遺品整理業者が逮捕、「廃棄物処理法違反」「特定商取引法違反」等の疑い

検索

Reuse×Tech 2022

遺品整理業者が逮捕、「廃棄物処理法違反」「特定商取引法違反」等の疑い

2021年07月07日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遺品整理業者が逮捕

ライク

大阪、特商法違反等で

一部報道によると、廃棄物処理法違反や特定商取引法違反等の疑いで遺品整理等を行うライク(大阪府大阪市)の社長ら3人が逮捕された。

遺品整理士認定協会に確認したところ、同協会とライフルシニアが共同で運営する遺品整理業者の検索サイト「みんなの遺品整理」では本件発生以前に同サイトから、同社を除名していたという。

ライクでは、遺品整理依頼に対し追加で高額料金を請求していた疑いもあると報じられている。業界団体のジャパン・リサイクル・アソシエーション(JRCA)の藤田惇副代表理事は、「遺品整理等、不用品処分の契約に関してもクーリングオフ制度が適用されるため、確かな説明と適切な売買契約書を用いて契約を結んでほしい」と話す。

第515号(2021/7/10発行)1面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる