事業再構築補助金、異業種からリユース業界への参入企業多数

検索

Reuse×Tech 2022

事業再構築補助金、異業種からリユース業界への参入企業多数

2021年08月03日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナの影響により、売上が減少する中小企業等を支援すべく始まった中小企業庁による「事業再構築補助金」の第1回公募の採択結果が先月中旬に発表された。そこで本紙では、採択結果の中から、リユース関連の事業を計画する企業を調査。異業種からリユース業界への進出を計画する企業が多数あり、参入企業が増えそうだ。

事業再構築補助金で増えるリユース参入

事業再構築補助金 第1回公募 主なリユース関連の採択企業と事業計画
エリア事業者名事業類型事業計画名
北海道 リズム 特別枠 貴金属買取業へ新規参入!
群馬県 フォア・ザ・プラネット 特別枠 おもちゃリサイクルショップにおける非対面型新規サービス・新商品提供事業
東京都 OCTAGON 特別枠 リユース腕時計・新品中古腕時計に特化したショッピングECサイトの構築
東京都 RECYCLE POINT TOKYO 特別枠 オンラインシステム構築による中古商品の買取促進と販路開拓
東京都 N-STYLES 特別枠 厨房機器の買取・販売に特化したマッチングWebシステム導入計画
東京都 絶好調 特別枠 新たな価値の創造!人から人へのバトンタッチ「リユース事業」
東京都 アイゴルフ 通常枠 中古ゴルフボール生産の自動化・集約化によるゴルフ業界再興事業
東京都 たんす屋 通常枠 リユース着物の店舗買取販売からネット買取販売への業態転換を図る
東京都 エコケー 通常枠 海外との売買を容易にする中古携帯電話の取引仲介システムの開発およびその提供
東京都 アイレックス 通常枠 「マテリアルリサイクル」を活用したサーキュラーエコノミー事業の展開
千葉県 カグラ 特別枠 リユース品買取事業への新規展開計画
埼玉県 MGC 特別枠 ベトナム人向けのリサイクル品販売代行を行う
神奈川県 シティー・ライフ 特別枠 クリーニング業の資産を活かした地域顧客へのリユース・遺品整理業の展開
神奈川県 リ・バース 通常枠 情報機器のデータ消去、リユース・リサイクルを行うデータ消去センターの構築
長野県 甲南チケット 通常枠 デジタル買取事業への参入
長野県 テナントリユース 特別枠 撤退店舗の在庫及び什器をリユースするマッチングサイト事業
石川県 会宝産業 卒業枠 コンテナ単位で受発注できる中古自動車部品ECの構築と海外展開
福井県 ケーイーエス 通常枠 カーディテイリング技術を応用し、ブランド革製品等のリユース市場への進出計画
福井県 ジャストコーポレーション 通常枠 DVDレンタルケースのリユース事業
愛知県 クリーンラボASAI 特別枠 ITを活用した買取システム導入で「貴金属・高級時計」に特化したリユース業を立ち上げ
愛知県 みかわ屋 特別枠 リユース店頭買取販売事業とインターネット販売事業
愛知県 永和建設 通常枠 デジタル技術を活用した非接触型の大型建設資材買取事業計画
愛知県 脇田ボデー工業 通常枠 解体から販売に至る一貫体制整備による中古車部品市場への参入
愛知県 近江屋 通常枠 価値あるリユースを提供する国内初の「工房体験型時計修理サロン」開設
大阪府 MIJ 特別枠 フランチャイズを活用したブランド品・貴金属等の買取業への参入
大阪府 ヰゲタ 特別枠 業務用コーヒーマシーンの開発、製造、リユース事業
大阪府 田村商店 通常枠 鉄・非鉄素材における中古製品のマッチングプラットフォーム事業
大阪府 フジ電気工業 通常枠 SDGsに取り組み精度の高いエアコンリユースで新規市場にチャレンジ!
大阪府 通常枠 「ファッションリサイクル&海外インポート×選ぶ楽しみの空間づくり」を目指す店舗運営事業
兵庫県 GO GO BRAND 特別枠 宅配買取事業計画
兵庫県 士縁 特別枠 「経営コンサルが「買取専門店」開始。地域の家庭・企業の資金繰り改善」
兵庫県 テクノクラート 通常枠 中古産業機械のリユース事業への進出計画
兵庫県 ホーム・ハンズ・マツモト 通常枠 引越時に出る不要品を必要な人にリユースする、総合リユース業の開始
奈良県 早真空設 特別枠 業務用中古空調設備の販売とメンテナンス業務の新サービス提供
佐賀県 岡電気 通常枠 プロの電気屋さんが提供するリユース家電販売
福岡県 JTL 通常枠 中古ブランド品の境の卸業者向け会員制販売システム構築による強靭な事業への再構築
※緊急事態宣言特別枠は特別枠と表記

事業再構築補助金は、売上が減少している中小企業等を対象に新分野展開や業態や業種転換などに取り組む企業に対し補助する制度。募集枠にもよるが最大で1億円を補助す るという金額の大きさが注目を集めていた。6月中旬に発表された第1回公募では、緊急事態宣言特別枠で2866者(応募5181者)が、通常枠、卒業枠、グローバルV字回復枠では5150者(応募1万7050者)が採択された。

採択された企業の中から、リユースに関連する事業計画(車や機械装置関連の事業を除く)をまとめたのが上の表だ。目立ったのが、リユース業界への参入だ。FC加盟(加盟料は補助対象外)して事業展開する企業もあれば、岡電気(佐賀県)や早真空設(奈良県)のように家電やエアコンといった新品販売や修理のノウハウを活かして、中古品販売への参入を計画する企業もある。また、クリーニング業から顧客データや店舗等の資産を活かして参入を計画するシティー・ライフ(神奈川県)のような企業もあり、異業種からの参入が増えそうだ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第516号(2021/7/25発行)28面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる