横濱タイガーデン、関東最大級の道具市場 量から質にシフト

検索

Reuse×Tech 2022

「古物市場データ」

横濱タイガーデン、関東最大級の道具市場 量から質にシフト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

緊急事態宣言が度重なり発出されるも、リユース事業者にとっての貴重な販路、仕入れ先として、絶えず競りが開かれている。

感染対策を図り、屋外で競る感染対策を図り、屋外で競る

断捨離や模様替え、「状態良い家具が多く」

関東では最大級の取扱量を誇る道具市場として知られる、横濱タイガーデン(神奈川県横浜市)。同市場では、倉庫内で四方を囲むように20台近くの扇風機がフル稼働している。「常に風通しを良くし、またほとんどを倉庫の外で競り、対策をとっています」(木下徹会主)

毎週火曜に開催し、冷蔵庫や洗濯機、ソファーなどの家具・家電や、厨房機器、小物雑貨などを1回で2500点前後を競る。会場は横浜町田ICから車で5分程度のアクセスで、東京や神奈川など首都圏からの荷物が集まりやすい。1回あたりの平均出来高は、1100万円程度だ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第519号(2021/9/10発行)19面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる