テンシュカク、汚部屋清掃に特化した便利業フランチャイズの運営開始

検索

テンシュカク、汚部屋清掃に特化した便利業フランチャイズの運営開始

2021年10月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リユース店や遺品整理などを手掛けるテンシュカク(和歌山県西牟婁郡)は10月、汚部屋清掃に特化した便利業フランチャイズ(FC)の運営を始めた。オープン3ヵ月は同社が加盟店に代わり集客を行い、サポートする。

汚部屋清掃に特化、便利業FC

オープン3ヵ月は集客支援

便利屋七福神のイメージ便利屋七福神のイメージ

FCで展開するブランド名称は「便利屋七福神」。同社は5年前に「ゴミ屋敷バスター七福神」の商標で片付けサービスをスタートし、メディア出演やウェブマーケティングを強化して知名度を高めてきた。現在、関西、中部、関東地方を対象に月間200件程度、汚部屋の片付けの実働実績がある。問い合わせはその3倍程度あり、また対応エリア外からも依頼が増えていたことから、FC展開によって対応エリアを広げられるようにする。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第521号(2021/10/10発行)6面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる