縁、大阪で「書画」の新規市場

検索

縁、大阪で「書画」の新規市場

2021年11月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美術・骨董品の国内外ネット販売で年商6億円強を上げる縁(大阪府大阪市)が、書画専門の古物市場の運営に乗り出す。初競りは来年1月30日。以降も毎月30日に開催する(2月と12月は休会)。本社が入る南船場にあるビルの別フロアを会場に、手競りで行う。掛け軸を対象とし、1回2000本で出来高3000万円を目指す。

掛け軸の書画を専門とする市場を開く掛け軸の書画を専門とする市場を開く

来年1月から毎月開催

名称は「御堂会」。自社荷のほか、美術・骨董の同業者やリユース事業者から売り手を広く募り、多くの荷物を集める狙い。従来、同社もまた全国の書画市からの仕入れを主としてきたが、ネット販売が伸びていく中で商品が不足気味だったという。自社で市場を開くことで積極的に買い支え、物量確保を図る。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第523号(2021/11/10発行)1面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる