カマン、テイクアウト容器をリユース「メグルー」を試験的に開始

検索

カマン、テイクアウト容器をリユース「メグルー」を試験的に開始

2021年11月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カマン(神奈川県鎌倉市)は飲食店のテイクアウト容器をリユースするシェアリングサービス「メグルー」を10月20日から12月17日まで試験的に開始した。鎌倉駅周辺店舗5店舗を対象に行う。

リユース容器をシェア

鎌倉の飲食店5店舗で試験運用

加盟店でリユース容器に入った商品を受け渡す様子加盟店でリユース容器に入った商品を受け渡す様子

特徴としては、対象店舗間であれば容器の返却はどこでも可能でコワーキングスペースやオフイスにも返却ボックスを設ける。ラインで店舗に事前に容器を用いたテイクアウトを連絡することで、返却の手間や受け取りの混雑を抑えるなど利便性を高めている。また、ラインを用いることで誰がリユース容器を使用しているかを把握することが可能となっている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第524号(2021/11/25発行)14面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる