ビッグオーシャン、SDGsを事業ドメインに 鉄製ルアー「メタルジグ」を製造

検索

テクノロジーの力でリアル店をアップデートしよう! Reuse×Tech Conference for 2023 ONLINE

ビッグオーシャン、SDGsを事業ドメインに 鉄製ルアー「メタルジグ」を製造

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ルアーの製造・販売、新品・中古釣具店、遊漁船、レストラン等を運営するビッグオーシャン(青森県上北郡)では、SDGsをドメインとした事業に力を入れている。自社ブランドの鉄製ルアー(メタルジグ)を長く使ってもらえるよう、さびの修復サービスなどをこのほど始めた。

鉄製ルアーのSDGsサービス さびの修復など

鉄製ルアーのSDGsサービスを開始鉄製ルアーのSDGsサービスを開始

同社ではNatureBoys(ネイチャーボーイズ)のブランド名で、環境に配慮したメタルジグを製造している。一般的に主流とされる鉛ではなく、鉄を用いていることから、水に溶け出ても自然分解され環境負荷が低いという。「SNS等での口コミにより、環境を考慮する釣り人がここ数年で増えてきています」(釣り用品事業部 柳賢太郎氏)

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第526号(2021/12/25発行)4面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる