2021年に起きたリユース業界の主な出来事とは?

検索

2021年に起きたリユース業界の主な出来事とは?

2021年12月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年は昨年から続くコロナの影響を受け、買取店FCの古物市場参入や非対面取引の高まりから出張買取に注目が集まるなど、事業領域の拡大が相次ぐ。また、事業領域の見直しから百貨店各社のリユース事業参入も見受けられた。2021年に起きたリユース業界の主な出来事をランキング形式で振り返る。

News2021 playback Top10

古物市場参入や非対面取引が急加速

【1】警視庁見解「フリマアプリ仕入れ実質違法」

近年取引量が増加するフリマアプリ。個人、法人問わず仕入れの場として活用が増加しているが、匿名取引きが一般的なため古物営業法の本人確認が極めて難しい。警視庁は6月にHPをリニューアルし注意喚起を行うが、ネット上では誤った情報が広まり注意が必要。今後も問題は続きそうだ。

警視庁見解「古物法の本人確認等の履行困難」

【2】買取専門FC、古物市場参入が相次ぐ

買取専門FCを展開する本部企業によるブランド品等を競る古物市場参入が相次ぐ。背景としては、コロナ禍でブランド品を競る古物市場は、手競りから入札制が主流となり、職人技を持つ振り手がいなくても開催できるため、新規参入が容易となったため。また、FC加盟店からの促進に繋げる狙いもある。今後の動向にも注目が集まると予想される。

【3】百貨店がリユース事業参入

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第526号(2021/12/25発行)20面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる