丹沢美術倶楽部、秦野で毎月5日「アンティーク市」

検索

「古物市場データ」

丹沢美術倶楽部、秦野で毎月5日「アンティーク市」

2022年01月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

丹沢美術倶楽部は、神奈川・秦野で毎月5日に開かれているアンティーク市だ。こみやま古美術店(神奈川県秦野市)が運営している。

絵画・陶器など200点競る

盆競りや立ち競りの様子▲▼盆競りや立ち競りの様子。書画・絵画、陶器などを扱う

書画・絵画、 陶器などを扱う

丹沢美術倶楽部 絵画

会場は、秦野商工会議所。東名高速・秦野中井ICから5.5kmの距離にある。1回に売り・買い合わせて40人程度が参加しており、およそ200点を競り、最低でも100万〜150万円程度の出来高を上げている。時代や国を問わず、書画・絵画、陶器など、「美術・骨董品であればなんでも扱っています。アンティークの中でも、ブロンズなど海外ものは特に多く出ています」(込山太志会主)

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第528号(2022/1/25発行)15面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる