ShareSence、洋服のシェアリングサービスを運営 「0円服の交換会」を開催し話題を集める

検索

テクノロジーの力でリアル店をアップデートしよう! Reuse×Tech Conference for 2023 ONLINE

ShareSence、洋服のシェアリングサービスを運営 「0円服の交換会」を開催し話題を集める

2022年02月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアセンス(宮城県仙台市)では、洋服のシェアリングサービス「ザクロ」を運営している。また、ファッションビルで「『0円』服の交換会」を開催し、地域で話題を集めている。

仙台で洋服のシェアリング

服の交換会実施も

店内の様子店内の様子

シェアリングサービスでは年1万1000円(税込)を払うと好きな古着を1回あたり3着まで何度でも借りられる。返却時にはクリーニング代として330円を回収する。現在有料会員は20人ほどで、無料会員が330人近く。先の催事に代表されるように、同店は「コーデ相談会」や「メイク交換会」、「オンライン座談会」などの小規模催事を頻繁に開催し、認知獲得や顧客満足度の向上に励んでいる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第529号(2022/2/10発行)4面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる