ヤマト「トイズキング」、山本雅之社長インタビュー

検索

「INTER VIEW」

ヤマト「トイズキング」、山本雅之社長インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Inter View

トイズキング・リアルクローズを運営するヤマト(愛知県名古屋市)は、ヤフオク!に特化した販売で中古売上44億円に達する中古ホビーの大手だ。現在新たにソフビ専門店を開店するなど前進を続ける。その力の源泉とも言える、山本雅之社長が独自に磨いたリユース経営のエッセンスを聞いた。

中古ホビー「ヤフオク!」販売で成長

売れ方2:6:2の黄金比
データを武器に次世代へ

ヤマト「トイズキング」 山本雅之社長
ヤマト「トイズキング」 山本 雅之社長

おもちゃ買取り「は?」ってレベル

── 設立は99年ですが、創業はいつですか。

山本 25年前ぐらいにトイズキングを始め、中古を始めたのは17年ほど前です。当時はおもちゃの買取りなんて「は?」ってレベルでしたが、勝算があったんです。おもちゃは日本発祥のものが多く、人気が根強い。新品はドンドン売れるけど、売りたい人は「ゴミ」という感覚。唯一そこにチャンスがぽっかり空いていたんです。当時ここまで行くとは、とても思っていませんでしたが。

── 買取チャネルは。

山本 うちのメインは出張買取です。店頭もありますけど、出張買取が6~7割です。店舗は維持費もかかるし、従業員は4~5人要る。だから地方に店舗はつくりませんでした。代わりに、サイト上で、「この県に1ヵ月間いますからお問い合わせください、県内どこでも出張行きます」と発信しています。

── 従業員の負担が大きそうですが。

山本 かわいそうなことに、せっかく出張してもコロナでおいしい店も酒もなく、ホテル暮らしです。けれど誰かが、「すごいモノを買い取った」「面白いものがあった」ってパパッと情報交換するんです。みんなで盛り上げて、楽しく仕事ができるようになっている。それに、お客さんから「来て」という問い合わせもある。そうすると出張買取行くやつは一流のバイヤー。選ばれんやつは一流じゃない。だから選ばれるのをみんな待っとるんですよ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第529号(2022/2/10発行)9面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる